パッチワークとは−パッチワーク・キルト入門
パッチワークとは


 パッチワークとは、「つぎはぎ細工」という意味で、色や形の違った小さな布をつなぎ合わせて1枚の大きな布をつくることをいいます。

 つなぎ合わせる布を一定の形に統一し、つなぎ合わせたときに「パッチワーク・パターン」と呼ばれる、さまざまな模様になるようにします。

 新しい布だけではなく、着古した衣類やタオル、シーツといったリネンもつかうことで「リサイクル」「リユース」というエコ活動にもなります。

パッチワークの歴史
パッチワークの種類
パッチワークとキルト


HOME

Copyright(C)
パッチワーク・キルト入門
All Rights Reserved.