型紙について−パッチワーク・キルト入門
型紙について


 パッチワークでは、パターンを丈夫なボール紙や方眼紙などの紙に書き、それをピース(1図形)ごとにばらばらに切り取ります。このひとつひとつが型紙となります。いい加減な線を引いていると実際に生地に型をとって縫い合わせたときに歪んでしまいます。

 パターンはさまざまなインターネットのサイトでもダウンロードができますし、書籍もいろいろ出版されています。洋書ではプラスティック製のパターンが添付されているものもあります。手芸店でもパターンを購入することができます。出来上がりの寸法に合わせて自分でつくってもいいし、購入してもよいでしょう。


HOME

Copyright(C)
パッチワーク・キルト入門
All Rights Reserved.