パッチワーク・パターン(アップリケ)−パッチワーク・キルト入門
パッチワーク・パターン(アップリケ)


 アップリケをつくるには、まず、それぞれのピースの型紙をつくります。型紙を布に置き、縫い代は5mmから7mm程度にします。
 縫い代の真ん中あたりを縫い、型紙を置いたまま型紙を包むように縫い絞ります。アイロンなどで押さえるときれいな仕上がりになります。型紙を抜いて、土台布には「たてまつり」でまつりつけていきます。
 キルティングにする場合は、落としキルト(アップリケのまわりを縫います)にするとアップリケ部分が浮き上がったように見えます。
 型紙はボール紙など少し厚めのものを使ったほうがいいようです。最初は面倒な感じがしますが、簡単なものを作ってみると、出来上がっていくにつれてだんだん楽しくなってくるでしょう。

サンボンネット・スー
ビリー
ドレスデンプレート
ペンタゴンの花
ヘキサゴンの花


HOME

Copyright(C)
パッチワーク・キルト入門
All Rights Reserved.